和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月27日(金)

コロナで秋祭り縮小 田辺西牟婁、獅子舞や駆け馬中止

観客の目の前で迫力の演舞を繰り広げる上野の獅子舞(昨年11月3日、和歌山県田辺市下川下で)
観客の目の前で迫力の演舞を繰り広げる上野の獅子舞(昨年11月3日、和歌山県田辺市下川下で)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、和歌山県田辺・西牟婁の秋祭りが、今年は少なくとも18件で規模を縮小することが本紙の取材で分かった。獅子舞やみこしの奉納を中止し、神社での神事のみとなる。中には例年地域外から見物人や写真愛好家が集まる祭りもあり、今年は静かな秋になりそうだ。

 県指定無形民俗文化財のうち、規模を縮小するのは上野の獅子舞(田辺市下川下)▽野中の獅子舞(田辺市中辺路町野中)▽芳養八幡神社の秋祭(田辺市中芳養)▽住吉踊(田辺市長野)▽堅田祭(白浜町堅田)▽岡の獅子舞(上富田町岡)。

 芳養八幡神社の秋祭では、流鏑馬(やぶさめ)や駆け馬などの勇壮な神事が中止となる。潮ごりやみこの舞はある。堅田祭では稚児舞「やつはち」を中止する。

 ほかにも日出神社(白浜町日置)の例祭では、重さ約1トン、長さ約9メートルの御船を高々と持ち上げる神事、珠簾神社(田辺市上三栖)の例祭では子どもの奉納相撲などが中止となる。

 本紙が規模縮小を確認した秋祭りは次の通り。

 【田辺市】

 杵荒(きなら)神社の奉納芝居(中辺路町栗栖川)=10月10、11日▽蟻通神社の湊祭(湊)=10月17日▽芳養八幡神社の秋祭(中芳養)=11月2、3日▽上野の獅子舞(下川下)=11月3日▽野中の獅子舞(中辺路町野中)=11月3日▽住吉踊(長野)=11月3日▽珠簾神社の例祭(上三栖)=11月3日▽日吉神社の例祭(磯間)=11月3日

 【白浜町】

 日出神社の例祭(日置)=10月11日▽熊野三所神社の例祭(白浜)=10月16、17日▽山神社の例祭(湯崎)=11月1、2日▽堅田祭(堅田)=11月15日

 【上富田町】

 春日神社の奉納芝居(市ノ瀬)=10月12、13日▽櫟原神社の例祭(朝来)=11月23日▽岡の獅子舞(岡)=11月23日▽岩田神社の例祭(岩田)=11月23日▽日吉神社の例祭(生馬)=11月23日

 【すさみ町】

 王子神社の例祭(周参見)=10月9日