和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年07月24日(土)

ジビエバーガー人気 古座川の「道の駅一枚岩モノリス」

地元産のイノシシ肉を使った「モノリスバーガー」(和歌山県古座川町相瀬で)
地元産のイノシシ肉を使った「モノリスバーガー」(和歌山県古座川町相瀬で)
 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩monolith(モノリス)」で販売されている地元産ジビエを使った「モノリスバーガー」が人気だ。

 同店は、6月1日にリニューアルオープンした飲食店。施設内にある物産コーナーでは、土産やアウトドアグッズなどを販売している。併設するキャンプ場の運営や自転車の貸し出しもしている。

 店主の田堀穣也さん(34)によると、モノリスバーガーは、ジビエが好きな人はもちろん、苦手な人でも食べやすくしようと工夫を重ねて開発した商品。イノシシ肉と牛・豚肉の合いびきミンチを使ったパティ、レタス、チーズ、タマネギをパンで挟んでいる。ポイントは地元産ブルーベリーを使用したソース。フライドポテトを添え、税抜き900円で販売している。

 そのほか同店では、イノシシ焼き肉丼、ジビエソーセージを使ったランチ、フレンチトーストなどがあり、どれも人気メニューだという。

 営業時間は午前8時半~午後5時。定休日は月曜(祝日の場合は営業)。

 問い合わせは同店(0735・78・0244)へ。