和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

第4回「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」開催しました

2019年5月26日

認定NPO法人国連WFP協会

2019年は1,658人が参加!
第4回 「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」開催しました
約129万円の寄付金を通じ、途上国約43,040人の子どもたちに給食を届けます

 NPO法人 国連WFP協会(神奈川県横浜市・会長 安藤宏基)は5月26日、子どもたちの飢餓をなくすためのチャリティーウォークイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」を、万博記念公園で開催しました。イベントには親子連れなど1,658人が参加し、公園内の見どころを巡りました。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905266780-O1-Ptj2wJHb
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905266780-O2-lX4A55M9
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905266780-O3-20kcn5hE

 WFPウォーク・ザ・ワールドは、途上国の子どもたちの飢餓撲滅を推進するチャリティーウォークです。参加費の一部は、国連WFPの「学校給食支援」に寄付されます。日本では横浜で2005年から(2011年を除き)毎年開催しており、今年5月12日に14回目を開催しました。
第4回目を開催した大阪では青木愛さん(元アーティスティックスイミング日本代表)がゲストとして参加し、5キロのコースを歩きました。1,291,220円の寄付金を通じ、途上国約43,040人の子どもたちに給食を届けます。

 開会式で安藤会長は、「今日は暑い天候の中、1,658人という昨年度より約30%多くの方にご参加いただき、大変感謝しております。参加費用の一部を途上国の子どもたちの給食として寄付いたします。途上国では児童の強制労働が当たりですが、学校へ行けば食事と勉強ができます。これが飢餓から脱する仕組みの一つです。皆さまの寄付金がそのようなことに役立っています。今後は全国的に展開していきたいと思っております。」とあいさつしました。

 また、青木さんは、「世界にはまだまだ成長期にも関わらず、食事を取れていない子ども達がたくさんいるとに聞いています。今日は一人でも多くそういった子どもたちに学校給食を届けられるように、皆さん楽しく元気に歩きましょう。」と話しました。

<開催概要>
【日時】 2019年5月26日(日)
     10:00 受付開始、 10:30 開会式、11:00 10㎞スタート、11:15 5㎞スタート
【開催地】万博記念公園(スタート会場: 上の広場)
【参加費】 一般1,500円(当日2,000円)※うち1,000円を寄付
     小学生500円(当日800円)※うち200円を寄付
【主催】 認定NPO法人国連WFP協会
【後援】 WFP 国連世界食糧計画 日本事務所、吹田市、大阪商工会議所、
     (公財)大阪国際交流センター、日本ウオーキング協会、
     大阪府ウオーキング協会、NHK大阪放送局

■WFPウォーク・ザ・ワールド専用ウェブサイト: www.walktheworld.jp

【国連WFPとは】
国連WFPは、国連唯一の食料支援機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。
www.wfp.org/jp

【国連WFPの学校給食支援】
国連WFPは途上国の学校で、毎年およそ2,000万人の子どもに給食を届けています。学校給食があることで親は積極的に子どもを登校させるようになり、子どもたちも空腹に悩まされず、集中して勉強することができます。就学の機会を与えられにくい女子児童の登校も促し、女性の権利向上にもつながります。約30円の寄付で、子ども1人に1日分の給食を届けることができます。




プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201905266780
提供: