和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月24日(火)

宮本浩次、椎名林檎とのコラボ&宇多田ヒカルの衝撃語る 太田光がエール「日本が明るくなる」

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.
爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.
 エレファントカシマシのボーカル・宮本浩次(54)が、25日放送のTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜 後1:00)のゲストコーナー「ここは赤坂応接間」に出演。キャリアでは同期だという、パーソナリティーの爆笑問題と音楽談義で盛り上がった。

【写真】エレカシ宮本浩次の新ビジュアル

 3年ぶりとなる『日曜サンデー』へのゲスト出演となり、太田光から「元気でしたか?」と向けられると「元気は元気にやっております。歌が好きで、はいありがとうございます」と明るいトーンで返答。太田が「宮本さんが『Mステ』とかに出るのを楽しみに見るんだけど、ゲラゲラ笑って見ちゃうね。椎名林檎ちゃんと一緒に出た時なんて、林檎ちゃんが棒立ちなのに、宮本さんだけひとりでうわって(動き回って)」と話すと、田中裕二が「太田さんと似ているんだよね」と声を弾ませた。

 宮本は、当時の意図について「初めてコラボレーションをやったんですよね。どうやって歌おうかと思って、その時も5回くらいリハーサルをやったんですが、林檎さんがクールにやるっていうところで(自分は)けっこう動こうかなと。2人でやるとシックにまとまっちゃうので、動いた方が対比で…」と説明。「林檎さんも貫き通しているから、より対比になって。生番組でそこまで開放できたことってなかったです。いつもは生放送って怖くて、思っていることって言えないんですよ。それで最後にわってなっちゃうのもあるんですけど。生番組であそこまで開放できたっていうのはなかった」と明かした。

 キャリア32年で初となるカバーアルバム『ROMANCE』(11月18日発売)にまつわるトークでは、太田が久保田早紀の楽曲「異邦人」のカバーについて「宮本さんの『異邦人』はローマですよ」と熱弁。宮本は、宇多田ヒカルについて「上海にひとり旅に行こうと思って、空港の喫茶店でサンドイッチを食べていたら(宇多田の)『Automatic』が流れていて、これから日本を飛び立つんだって泣けてきたんですよ。フレーズがものすごく印象に残っていて、CDも買ったんですよ」と衝撃の出会いを振り返った。

 今後にまつわる質問について、宮本は「もっと売りたいし、世の中を自分の歌でってありつつ、けっこうまともに(年齢的なことも)考えちゃうと、少しでもおしゃれしていたいし、背筋も伸ばして歌っていたいなって切実になってきますよね」とコメント。太田は「日本が明るくなるもん、宮本さんが暴れていると、相変わらずだなって」と笑顔でエールを送って、締めくくりとなるはずが、最後にエンジンがかかった宮本が再び話を始め、途中で時間いっぱいとなった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

【写真】「300年に一人の天才」と褒められて顔がほころぶエレカシ宮本
エレカシ宮本、51歳で“初囲み” 10年ぶり黒スーツ新調も明かす
エレカシ宮本浩次『行列』出演でスタジオ大混乱 人生初の大失恋告白
エレカシ楽曲が故郷・赤羽の駅メロに「誇らしく、うれしく」
【ライブレポ】エレカシ30周年 宮本男泣きの熱唱「いい顔してるぜ!」
提供:oricon news