和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月24日(火)

桃山学院教育大学が10月31日(土)に、「社会のニーズに答える大学改革」というテーマで「第3回未来を作る人間教育フォーラム」を開催します。



桃山学院教育大学(大阪府堺市、学長:梶田叡一、5月1日時点学生数:661名)では、10月31日(土)に「社会のニーズに答える大学改革」というテーマで、「第3回未来を作る人間教育フォーラム」を開催します。




 コロナ禍に翻弄される中、改訂学習指導要領の実践が遅滞したことをはじめ、学校教育が向き合ってきた課題はむしろ増幅して残されています。今後、幼保小中高を見通した学力・育ちの保障、子どもたちの心のケア、貧困等の格差の学力への影響、発達障害や支援を要する子どもへの対応、グローバル化の中多様なバックボーンを持つ子どもへの対応、などの課題は一層問われてくると考えられます。
 一方で大学改革が進む中、学校教育を担う教員を養成する教育大学の在り方も問われています。そこで本フォーラムでは、教育課程改革、高等教育改革を推進してきた常盤 豊氏(文部科学省元国立教育政策研究所所長・元高等教育局長)をお迎えし、「社会のニーズに応える大学改革」をメインテーマにご講演をいただきます。常盤豊氏は高等教育局長、国立教育政策研究所長を歴任され、学習指導要領の改訂をはじめとする初等中等行政、大学改革などに長く携わってこられました。
 さらに講演後は、向畦地(むかいあぜち) 昭雄氏(大阪府教育委員会教育監)、森田 雅彦氏(豊能町教育長)、比嘉 悟氏(芦屋大学学長)をお招きしたパネルディスカッション「学校現場の課題と桃教への期待 ―現場力を発揮する教師養成に求められるもの―」を開催し、学校が直面する様々な課題にどのように応えていくのかを考えます。
 参加は無料で、ライブ配信でもご視聴いただけます。

▼第3回未来を作る人間教育フォーラム
【日 時】2020年10月31日(土) 13:00~16:30(受付・開場12:30~)
【場 所】桃山学院教育大学(大阪府堺市南区槇塚台4-5-1)エレノアホール
    (泉北高速鉄道「泉ケ丘駅」より南海バスで約10分)
【内 容】・主催者挨拶 開催趣旨
       梶田 叡一 桃山学院教育大学学長
     ・基調講演「社会のニーズに応える大学改革」
       常盤 豊 文部科学省元国立教育政策研究所所長・元高等教育局長
     ・パネルディスカッション「学校現場の課題と桃教への期待」―現場力を発揮する教師養成に求められるもの―
       向畦地(むかいあぜち) 昭雄 大阪府教育委員会教育監
       森田 雅彦 豊能町教育長
       比嘉 悟 芦屋大学学長
     ・閉会あいさつ
       中西 正人 桃山学院教育大学副学長
【参加費】無料
【定 員】200名(要申込/先着順)
【申 込】一般参加のご来場、ライブ配信ともに事前申し込みが必要となります。
     資料をご確認いただき、申込フォームよりお申込ください。(※メディアの方はフォームからの申込は不要です)  
【備 考】会場での撮影、学長・副学長への取材・インタビュー等の個別対応が可能です。
(主 催 :桃山学院教育大学  後 援 :大阪府教育委員会/大阪市教育委員/ 堺市教育委員会)



※取材をいただける際は、10月30日(金)17:00までにあらかじめ下記までご連絡をお願いいたします。


【お詫びと訂正】本文およびPDFファイル掲載の「日時」のうち、年号に誤りがありました。ここにお詫びして訂正いたします。(2020/10/28 14:00)

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人桃山学院 経営企画課 広報室
住所:〒594-1198 大阪府和泉市まなび野1-1
TEL:0725-54-3131
FAX:0725-54-3203
メール:koho09@andrew.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/42554
提供: