和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月24日(火)

MGH、韓国、ベトナム、カンボジア、タイの地域マネージングディレクターを任命

AsiaNet 86356

MGH、韓国、ベトナム、カンボジア、タイの地域マネージングディレクターを任命

インド、グルガオンおよびシンガポール、2020年10月29日 /PRNewswire/ -- 医療、ファッション、自動車サプライチェーンマネジメント、LCC向け総合的貨物マネジメント、ライドシェア、Eコマース、エクスプレス・ラストマイル配送に携わるシンガポールに本社を置く多角的複合企業であるMGH Logisticsは、地域マネージングディレクター(韓国、ベトナム、カンボジア、タイ)にオム・チョルウォン氏(Eom Cheolwon)、通称クリスを任命したことを発表した。MGHに入社する前、クリス氏はCeva Logistics、DB Schenker、CJ Koreaでサムスン、LG、現代・起亜など韓国の大手グローバルブランドのサプライチェーンサービスの開発・管理を担当していました。

クリス・オム氏は、20年以上にわたり韓国のグローバルブランドのグローバルサプライチェーンを管理してきた経験と知識をMGHにもたらしてきました。MGHの創業者でありグループ最高経営責任者であるアニス・アーメド氏(Anis Ahmed)は声明の中で、「クリスのリーダーシップの下、MGHインド・中国、韓国の未来が構築されることを楽しみにしています」と述べました。

クリス・オム氏は次のように述べています。「MGHのサプライチェーン・エクセレンスは、Inditex、C&A、Carrefour、Renault、PSA-Peugeotなどのグローバルブランドにまで及んでおり、南アジアでの強い存在感を示しています。」

任命は2020年10月1日から有効で、クリス氏はベトナムのホーチミン市にあるMGHインド・中国・韓国地域本部を拠点とします。

MGH Logisticsについて:

MGH Logisticsは、シンガポールに本社を置く、バングラデシュ生まれの多角的複合企業で、19の新興市場で事業を展開しています。同社はアジア、中東、アフリカに大きな拠点を持ち、ヨーロッパにも急速に進出しています。大手ファストファッション小売店、自動車、医療ブランドのサプライチェーンマネジメントから、低コスト航空会社の総合的貨物マネジメント、ライドシェア、エクスプレス宅配便、航空会社のグローバルディストリビューションシステムの代理店、食品・飲料小売、小売・商業銀行、茶・ゴム農園など、さまざまなサービスを提供しています。

メディア連絡先: 
ダナンジャイ・カルラ(Dhananjai Kalra)
dhananjai.kalra@mgh-logistics.com  

写真:https://mma.prnewswire.com/media/1321123/MGH_Group_Chris_Eom.jpg
ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1162929/MGH_Group_Logo.jpg



(日本語リリース:クライアント提供)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202010296463
提供: