和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年12月03日(木)

電通ライブ、ウェルプレイドと業務提携 eスポーツをすべての人へ拡張するチーム「Play G-round」を発足。

2020年10月30日

株式会社電通ライブ

電通ライブ、ウェルプレイドと業務提携し、eスポーツを老若男女すべての人へ拡張するチーム「Play G-round」を発足。
~eスポーツで運動会から忘年会まで開催!~

株式会社電通ライブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:孫 生京、以下「電通ライブ」)は、ウェルプレイド株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:谷田 優也、髙尾 恭平、以下「ウェルプレイド」)と11月1日付で業務提携契約を締結し、eスポーツ(※1)をプロプレイヤーのみならず多くの人たちが楽しめる“遊び場”や“競技の場”として拡張し、事業化するための新チーム「Play G-round」(プレイグラウンド)を発足いたします。

新型コロナウイルスの発生以降、電通ライブは、New Normal時代に対応した新しい体験価値やエンターテインメントを「 L!VE ON PROJECT(ライブオンプロジェクト)」(※2)と称して世の中に提案する活動をスタートさせています。その一環として、ウェルプレイドとともに結成されたチーム「Play G-round」では、従来のeスポーツビジネスを発展させるとともに、ゲームへの深い洞察、eスポーツ大会やプロリーグの運営での知見、番組制作・配信、リアルイベントの運営・制作などの専門知識を活用し、企業間・個人間のコミュニケーション活動にeスポーツを拡張し、新たなエンターテインメントを提供いたします。

<活用例>  
・コロナ禍で実施が難しくなっている社内懇親会(運動会や忘年会など)や企業対抗戦などの企業活動を、eスポーツを活用しリニューアルする提案
・適切なルールやハンデを設定することで、老若男女の誰もが夢中になれ仲良く楽しめるオンラインゲームイベントの開発
・ゲームの操作になれないシニア層などに向けたプロゲーマーによるレッスンやコミュニケーションの提案
・電通ライブが自社で開発・編集している「新型コロナウイルス対策マニュアル」に則った安全なリアルゲームイベントの実施
・ウェルプレイドが開発した3密を避けた遠隔ゲーム番組配信サービスを活用したゲームイベントの提案
・オンラインとリアルイベントを組み合わせた新しいeスポーツ大会の開発やeスポーツを通じた企業と消費者の新しいコミュニケーションの開発


以上のように「Play G-round」は、電通ライブとウェルプレイド両社のeスポーツへの知見、イベント運営の専門知識等を結集し、eスポーツを活用した新しいソリューションで企業のコミュニケーション活動やプロモーション、ブランディングをサポートいたします。
ゲーム業界各社のみならず、eスポーツに興味のある企業と共に成功事例を共創します。お気軽にお問い合わせください。


<ウェルプレイド株式会社 会社概要>
ウェルプレイドは、ゲームを更なるエンターテインメントとして昇華させるべく、 eスポーツ市場で世界を目指すプレイヤーの支援・マネジメントや、あらゆるジャンルの大会の企画・運営、映像制作・配信を通して、ノウハウを蓄積してきました。
「ウェルプレイドリーグ」では、ゲームが上手い人、上手くなろうと頑張っている人が最高に輝ける場所を提供することで、コアユーザーをプロユーザーへ昇華させ、ライトユーザーに加え、観戦好きなファンユーザーを増やすことを役目として、今後さまざまなジャンルのリーグの企画・開発・運営を行います。
本取り組みを通して、日本の eスポーツ選手をサポートし、 eスポーツ市場の成長に貢献いたします。

社名:ウェルプレイド株式会社
URL:http://wellplayed.jp/
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷 3-13-7 原宿OMビル2F
設立:2015年11月19日
代表取締役:谷田優也 髙尾恭平
事業内容:esportsに関する企画、プロデュース、運営、コンサルティング、配信等

※1 「eスポーツ」とは
コンピューターゲーム(ビデオゲーム)をスポーツとして捉えたときの名称。世界各国でプロリーグや大会などが行われており、グローバルeスポーツ市場の収益規模は、2018年の7.8億ドルから2020年には9.7億ドル(※)に拡大すると推計されている。また、2022年中国の杭州で開催されるアジア競技大会では正式競技として採用が決定している。
※Newzoo,KADOKAWA Game Linkage グローバルeスポーツマーケットレポート2020より

※2 「L!VE ON PROJECT」とは
リリースURL:https://www.dentsulive.co.jp/ss/2020/10/20201020.pdf
以上




プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202010306477
提供: