和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年12月03日(木)

和歌山県内初の豚熱 野生イノシシ2匹感染

 和歌山県は30日、紀の川市で捕獲された野生のイノシシ2匹が、県内で初めて、豚やイノシシの伝染病「豚熱(CSF)」に感染したことが分かったと発表した。21都府県目になるという。

 県は毎週1回、県内で有害鳥獣として捕獲されたイノシシや死骸計10匹程度を、紀北家畜保健衛生所で検査している。今回感染が分かった2匹は、いずれも24日に紀の川市桃山町の「日待峠」付近で捕獲された雄の成獣。県の検査で29日に陽性となったため、国の研究機関「農業・食品産業技術総合研究機構」(茨城県)に送ったところ、正式に陽性が確定した。

 豚熱は人には感染しないが、豚やイノシシにとっては致死性が高い。県内では31戸の農家らが、豚やイノブタ、イノシシなど計約2400匹を飼養しているが、全戸でワクチンを接種しているため、豚の移動や出荷は制限しない。

 ただ、捕獲場所から半径10キロの範囲にある2戸に立ち入り検査するほか、半径10キロの範囲内で捕獲されたイノシシについては、感染拡大防止のため、肉の流通自粛を促すという。

 県の担当者は「ワクチンを接種していたとしても100%安全とは言えない。野生動物を農場に入れないことや消毒の徹底を周知していく」としている。