和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月19日(土)

田辺駅にセブン-イレブン 今夏開業へ

 JR西日本は30日、和歌山県の紀伊田辺駅構内に「セブン―イレブン ハートイン」を出店すると発表した。駅舎は建て替え工事中で、今夏の完成に合わせて店舗を開業する。コンビニ最大手の「セブン―イレブン」が田辺市に出店するのは初めて。県内の駅構内では3店目。

 通常のコンビニ商品に加え、入れたてコーヒー「セブンカフェ」や土産品も取り扱う予定。セブン銀行ATM、マルチコピー機を設置。IC乗車券「ICOCA(イコカ)」での支払いもできる。駅は外国人観光客の利用が多いため、免税サービスもある。

 面積は平均的な店舗よりやや小さい115・4平方メートル。営業時間は午前6時半~午後10時。年中無休。JR西日本の系列会社が運営する。

 紀伊田辺駅は、旧駅舎の老朽化により2018年5月から建て替え工事をしている。すでに新改札口は18年11月から、駅舎に隣接した3階建ての駅事務所ビルは18年5月から利用を始めている。

 JR西日本和歌山支社は「新しく生まれ変わる紀伊田辺駅に期待してほしい」と話している。