和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月12日(月)

御坊以北で9人の感染確認 和歌山県、8日発表

 和歌山県は8日、県内で新たに9人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。全員が御坊保健所管内以北の在住者。

 濃厚接触者は4人。岩出保健所管内在住の80代無職男性は、同居家族とともに、クラスター(感染者集団)認定されている健康食品など販売の「メリーマート岩出会場」(岩出市)に来場した。同保健所管内の80代自営業女性は、別の来場者の知人。

 和歌山市在住の20代男子専門学校生と、御坊保健所管内在住の10代男子専門学校生はそれぞれ、同居家族の濃厚接触者。

 濃厚接触者以外では、湯浅保健所管内在住の30代会社員男性、和歌山市在住の50代会社員女性は大阪府内に出張や私用で出かけたという。また、和歌山市在住の20代大阪府警警察官男性、同市在住の30代小学校教職員女性は職場が大阪府内にある。

 県内の病院に勤務する岩出保健所管内在住の60代事務職員男性の感染も分かった。男性は4日に37・2度の発熱を発症。6日に38度、7日に38・7度に上がったが、6日を除き、勤務を続けていた。感染経路や検査対象者については調査中という。