和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月28日(火)

女子57キロ級で熊野の垣内さん優勝 県高校柔道新人大会

近畿大会に出場する熊野のメンバー。前列中央は全国大会に出場する垣内茉裕さん
近畿大会に出場する熊野のメンバー。前列中央は全国大会に出場する垣内茉裕さん
 和歌山県高校柔道新人大会がこのほど、田辺市と白浜町であり、熊野は個人戦で6人が入賞した。そのうち女子57キロ級で垣内茉裕さん(2年)が優勝し、全国大会(来年3月、東京都)へ出場する。

 2人が出場した女子57キロ級は垣内さんが和歌山北の選手と対戦。3分で決着がつかず、延長戦の末、垣内さんが勝った。

 個人戦ではほかに、熊野からは男子60キロ級(14人出場)で杉本気翼君(1年)が準優勝、崎下嘉月君(1年)が3位入賞。男子66キロ級(16人出場)で杉本幸瞳君(2年)が3位に入賞した。女子70キロ級(3人出場)では栗原茉子さん(2年)が3位だった。垣内さん、杉本気翼君、崎下君、杉本幸瞳君、栗原さんは、来年1月23日に兵庫県姫路市で開かれる近畿大会(個人戦)に出場する。

 熊野からはこのほか、男子段外の部(8人出場)で新田騰也君(2年)が3位に入賞した。

 団体戦は男子10校、女子6校が出場。熊野は男女とも5位で、来年1月30、31日に奈良県五條市で開かれる近畿大会(団体戦)に出場する。

 熊野柔道部主将の垣内さんは「近畿大会に向けて自分たちの課題を解消していきたい。自分自身は初めての全国大会なのでベストを出せるよう頑張る」と話している。

 紀南関係ではこのほか、男子66キロ級で、みなべ町出身で箕島2年の石本力也君が優勝し、全国大会の出場を決めた。