和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

小・中型イシダイ釣れる、入門者におすすめ 紀南地方

各地の磯で釣れているイシダイ
各地の磯で釣れているイシダイ
 紀南地方の沖磯や地磯で、小・中型のイシダイが釣れている。サイズは50センチまでと小さめだが、数釣りも期待できる。これからイシガキダイも交じり、入門者におすすめ。

 仕掛けは道糸18~24号、針12~17号、ハリスワイヤ36~39番。これらはさおやリールの強度、体力に合わせてトータルバランスを考えて選ぶ。釣具店で相談するのもいい。

 餌はウニの一種ガンガゼが中心となる。ナガレコ(トコブシ)やサザエといった貝類でもいいが、夏場は餌取りが多くてすぐになくなってしまう。さお下から数十メートル先の沈み根の周りまで幅広いポイントを狙う。遠投する場合、根掛かりが多くなるので、捨て重り式の仕掛けを使う釣り人が多い。

 初めてイシダイ釣りをすると、両軸リールの使い方に戸惑うことがある。さおを思いっきり振り込んだ時、道糸とスプールが同調しないとパーマのように糸が絡むバックラッシュになってしまう。最近は高性能のブレーキシステムが搭載されており、比較的起こりにくくなっているが、ベテランでもやらかしてしまうトラブルなので、さまざまな状況に対応するためにも慣れは必要だ。

 この夏、ベテラン釣り師と一緒に出掛けてイシダイ釣りを始めてみてはいかが。(海)