和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

新成人の門出祝う 印南町で成人式

式典終了後、記念撮影に納まる新成人ら(10日、和歌山県印南町印南で)
式典終了後、記念撮影に納まる新成人ら(10日、和歌山県印南町印南で)
 和歌山県印南町の成人式が10日、同町印南の町体育センターであり、着物姿の新成人たちの門出を祝った。

 今年の対象者は108(男54、女54)人。新型コロナウイルス感染拡大防止策として、マスク着用や館内の換気の他、恒例だった、くす玉開きなど一部スケジュールも変更し規模を縮小した。

 この他、家族の参列は新成人1人につき1人に限定。隣接する町公民館ロビーで、会場の様子をリアルタイムでテレビに映し出し、家族らが見守った。

 式典では新成人代表による町民憲章の朗読に続き、日裏勝己町長があいさつし「感謝の気持ちを忘れず、新たな目標に向かって進んでいってほしい」と祝った。

 日裏町長が新成人に記念品を贈呈。式典の締めくくりとして、新成人を代表して稲田嵩人さん、川上果々莉さんが誓いの言葉を述べた。

 記念撮影をした他、福引きをしたり、体育館の外でバルーンリリースをしたりした。

 式典後の立食は新型コロナ対策で取りやめた。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ