和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

品評会の花地元高校に贈る 日高地方花き連合会

日高地方花き連合会の役員や理事から花束を受け取る南部高校の生徒(25日、和歌山県みなべ町芝で)
日高地方花き連合会の役員や理事から花束を受け取る南部高校の生徒(25日、和歌山県みなべ町芝で)
 和歌山県の日高地方花き連合会(弓倉弘会長、約650人)は25日、新たなPR活動の一環として、花き品評会に出品があった花を花束にして管内の5高校に初めて贈った。

 日高地方は、出荷量全国1位のスターチスをはじめ、宿根カスミソウ、ガーベラなど多種多様な花卉(かき)が生産され、県内を代表する産地。毎年恒例の連合会主催の花き品評会が22日に御坊市内であり、審査で各賞を決めて表彰もした。

 花や産地のPR活動としては、情操教育の一環で管内の各小学校に花を贈ったり、品評会の花をスーパーマーケットの展示スペースやイベント会場で展示したりしてきた。新型コロナウイルスで大勢に見てもらう機会が少なくなる中で、就職や進学を控える高校生たちに花に触れてもらおうと考え、贈ることにした。

 出品物を花束にし、連合会役員などが日高、日高高中津分校、紀央館、南部、和歌山南陵の5校に配布。みなべ町芝の南部高校では、連合会副会長の山本茂春さん(48)と理事の中尾貴宏さん(46)が訪れ、華道部の生徒にスターチスやカスミソウ、スイートピー、トルコギキョウ、ダリアなどで作った花束を手渡した。

 山本さんは「農家が一生懸命育てた花。コロナで憂鬱(ゆううつ)な中だが、花が少しでも癒やしになれば」と話した。

 同校では花束を1、2年生の教室で飾ったり、華道部の作品作りで生かしたりする予定といい、2年生の華道部の近藤真一部長は「きれいな花で、いろいろな作品を作りたい」と話した。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ