和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

「渓流の女王」アマゴ釣り解禁 紀南の各河川

解禁日にアマゴ釣りを楽しむ釣り人(1日、和歌山県田辺市五味で)
解禁日にアマゴ釣りを楽しむ釣り人(1日、和歌山県田辺市五味で)
釣り上げられた美しい姿のアマゴ
釣り上げられた美しい姿のアマゴ
 美しい姿から「渓流の女王」とも呼ばれるアマゴ(サケ科)を狙った釣りが1日、和歌山県内の多くの河川で解禁になった。田辺市大塔地域を流れる日置川の支流、前の川では朝早くからさおを振る太公望の姿が見られた。

 アマゴは体側にあるパーマークという楕円(だえん)形の斑紋と、朱点が特徴。イクラやミミズなどを使った餌釣りのほか、ルアーや毛針で狙う人もいる。

 前の川では午前中、あちらこちらで釣り客の姿が見られた。午前8時半ごろまでに5匹釣ったという同市上芳養の男性(39)は「解禁日に釣るのは初めて。もっと釣れるかと思っていたが、最近雨が少ない影響か、なかなか厳しい。せっかくなので、今日は思いっきり楽しみたい」と笑顔を見せた。

 漁期はほとんどの河川で9月末まで。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ