和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

女性消防団員が啓発 みなべ町で春の火災予防運動

町役場から火災予防の啓発に出発する女性消防団員が乗った車(1日、和歌山県みなべ町芝で)
町役場から火災予防の啓発に出発する女性消防団員が乗った車(1日、和歌山県みなべ町芝で)
 春の全国火災予防運動週間(1~7日)に入った1日、和歌山県みなべ町では女性消防団員が車に乗り、火災予防の啓発をして回った。

 下野栄さん、栗山和歌子さん、山下到誇さんの3人が車に乗り込み「火災が発生しやすい時季です。火の取り扱いには十分注意しましょう」と呼び掛ける放送を流しながら、午前は高城、清川地域、午後は上南部や旧南部町地域を回った。

 期間中、消防団は各地区で、消火栓や防火水槽に異常がないか水利点検をする。

 町は、消防団活動に女性の力を生かしたいと、女性消防団員を募集している。火災発生時の消火活動はなく、応急手当てや防火訪問などの啓発が主な活動。

 問い合わせは町総務課消防防災室(0739・72・2051)へ。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ