和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

空き地一面にネジバナ 田辺市龍神村

空き地に咲くネジバナ(23日、和歌山県田辺市龍神村安井で)
空き地に咲くネジバナ(23日、和歌山県田辺市龍神村安井で)
 和歌山県田辺市龍神村安井の空き地で、ラン科の多年草ネジバナが花を咲かせている。近くに住む玉置ミヨさん(79)は「こんなにたくさん咲いたのは初めて」と話している。

 空き地では、園芸好きの玉置さんが所有者の了解を得て、コスモスや北アメリカ原産のルドベキア(キク科)などを育てている。ネジバナは玉置さんが植えたものではなく、3年ほど前に空き地の隅に2、3本あったものが、今年初めて空き地全体に広がり、今月10日ごろから一斉に咲き始めたという。

 ネジバナは、ラン科の多年草。花が、らせん状にねじったように咲く様子が名前の由来。数十株がかたまって咲いている所もあり、高さ40センチほどのものもある。

 花はあと1週間ほどは楽しめるという。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ