和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

“コロナ禍の夏”に海開き 白良浜「感染防止策を徹底」

海水浴場の安全を祈願する熊野三所神社の眞鍋佳輝宮司(1日、白浜町の白良浜で)
海水浴場の安全を祈願する熊野三所神社の眞鍋佳輝宮司(1日、白浜町の白良浜で)
 和歌山県白浜町は1日、白良浜を海開きした。8月31日までの期間中、町や町内の観光、商工団体は協力して感染防止策を講じる。白浜温泉街では昨年に続く「コロナ禍の夏」となる。

 海開きに合わせ、南紀白浜観光協会は白良浜で安全祈願祭を開いた。雨の中、藤田正夫会長や井澗誠町長らが祭壇に玉串を奉納し、期間中の無事を祈った。井澗町長は取材に「いよいよ夏本番のスタート。感染防止策を講じることで、訪れる人たちには安心・安全で快適なビーチを楽しんでもらいたい」と話した。

 感染防止策として、更衣室は設けない。公衆トイレやシャワーは定期的に消毒する。人と一定の距離を取るよう求める音声も流す。町によると、県内に緊急事態宣言が発令されたり、田辺保健所管内の医療体制が逼迫(ひっぱく)したりすれば、途中の閉鎖もあり得るという。

 白良浜は近畿地方を代表する海水浴場。2019年は約40万人が来場したが、コロナ禍の昨季は約15万2千人だった。

 1日は、すさみ海水浴場(すさみ町周参見)も海開きした。感染症対策として、更衣室は設けない。白浜町内にある臨海浦、江津良、椿の各海水浴場は7月17日に開設する。いずれも8月31日まで。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ