和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

ヒマワリを写真スポットに 御坊・日高で咲き始める

咲き始めたヒマワリ(和歌山県美浜町和田で)
咲き始めたヒマワリ(和歌山県美浜町和田で)
 和歌山県御坊・日高の写真撮影スポットを増やそうと、観光関係の団体などがヒマワリの種をまいた5カ所で花が咲き始めている。主催者では、開花に合わせたフォトコンテストも実施しており、応募を呼び掛けている。

 県道24号(御坊由良線)の通る美浜、日高、由良の3町と日高振興局でつくるチーム「PROJECT24」が昨年から始めた「ひまわり大作戦」。今年は日高広域観光振興協議会も参加し、日高地域全体の取り組みになっている。

 今年は紀州鉄道紀伊御坊駅(御坊市薗)、潮騒かおる煙樹ケ浜憩いの広場周辺(美浜町和田)、みちしおの湯(日高町方杭)、白崎海洋公園(由良町大引)、第2鳴滝バンガロー(日高川町高津尾)に5月中旬から6月上旬にかけて種をまいた。種まきが早かった美浜などでは咲き始めており、いずれも7月中旬から8月上旬にかけて見頃になるとみているが、天候次第で変わることもある。開花状況は御坊・日高の公式観光総合ウェブサイト「紀中を巡るHidaka History」で随時更新している。

 チームと協議会は、このヒマワリを撮影した写真を、写真投稿アプリのインスタグラムで募集するフォトキャンペーンを8月15日まで開催している。

 テーマは「満開のひまわり」。協議会の公式アカウント(@hidakasanpo)か、PROJECT24の公式アカウント(@project24yhm)をフォローする。ハッシュタグ「#ひだかさんぽ」か「#わかやま西海岸フォト」を付けて、撮影した場所が分かるハッシュタグも付けて応募する。

 事務局で入賞作品を選び、優秀賞(5点)に特産品5千円相当を、事務局長賞(10点)にはハンカチやコーヒーコースターなどが入ったわかやま観光ノベルティセットを贈る。

 問い合わせは日高広域観光振興協議会(0738・24・2911)へ。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ