和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

護摩壇山で積算400ミリ超 紀南地方に断続的な雨

大雨で増水した右会津川(14日午前10時ごろ、和歌山県田辺市秋津町で)
大雨で増水した右会津川(14日午前10時ごろ、和歌山県田辺市秋津町で)
 西日本付近に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、和歌山県紀南地方では11日から14日にかけて雨が断続的に降っている。護摩壇山(田辺市)では積算雨量が400ミリを超えた。田辺市(田辺・龍神)には14日正午現在、大雨警報が発表されている。和歌山地方気象台は、土砂災害に警戒し、河川の増水に注意するように呼び掛けている。

 気象台によると、県南部の降り始めから14日午前10時までの積算雨量は、護摩壇山が最も多く429・5ミリ。次いで龍神(田辺市)348ミリ▽栗栖川(同)239・5ミリ▽西川(古座川町)202ミリ▽色川(那智勝浦町)189ミリ▽本宮(田辺市)183・5ミリ―となっている。

 田辺市目良では13日午後、強風で民家1軒の外壁と屋根瓦が破損した。

 気象台は今後も、前線の活動は活発で、15日夕方にかけて大雨が続くと見込んでいる。15日に予想される県南部の1時間降水量は多い所で50ミリ、15日午前6時までの24時間降水量は多い所で250ミリを予測している。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ