和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

山間部で白い花 串本でキノクニスズカケ

キノクニスズカケ
キノクニスズカケ
 串本町の山間部で紀南地方の固有種、キノクニスズカケ(紀の国鈴懸)が白い花を咲かせている=写真

 紀伊半島南部の森林内に分布するオオバコ科クガイソウ属の多年草。花が山伏の法衣「鈴懸」の上に着ける結袈裟(ゆいげさ)の房に似ていることが、名前の由来になっている。8月下旬~10月に直径1センチほどの花を咲かせる。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類、県のレッドデータブックで絶滅危惧1類に分類されている。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ