和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

護摩壇山、龍神で過去最多 和歌山県内8月の降水量

大雨で増水した右会津川(8月14日、和歌山県田辺市上秋津で)
大雨で増水した右会津川(8月14日、和歌山県田辺市上秋津で)
8月の降水量
8月の降水量
 和歌山地方気象台は、県内各地の8月の降水量をまとめた。それによると、田辺市の護摩壇山と龍神は平年値の2倍を超え、統計開始以来最も多かった。県内全ての観測地点で平年値を超えた。


 気象台によると、8月11日から15日にかけて、活発な前線が西日本から東日本に停滞。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、その後の17日から20日にかけては、南から流れ込む暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定となり、県内では記録的な大雨となった。

 8月の降水量は、護摩壇山が1033・0ミリで、2010年の統計開始以来最多を記録。これまでの1位は14年の898・5ミリだった。

 龍神も956・0ミリで統計開始(1994年)以来最多。これまでの1位は2019年の946・0ミリだった。

 8月の降水量が多かったその他の紀南地方の観測地点は次の通り。かっこ内は統計開始以来の順位。

 色川765・0ミリ(7位)、本宮722・5ミリ(4位)、西川699・5ミリ(6位)、栗栖川658・5ミリ(2位)、新宮489・5ミリ(4位)、日置川386・5ミリ(7位)、南紀白浜350・5ミリ(2位)。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ