和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

LINEでワクチン予約可能に 田辺市、若い世代の接種加速へ

 和歌山県田辺市は、新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、10月分の予約を9月24日午前8時半から受け付ける。伸び悩む若い世代の接種率を向上させようと、従来のインターネットと電話に加えて、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントからも予約サイトへアクセスできるようにする。

 市のワクチン接種は、集団接種と、医療機関での個別接種を併用している。

 集団接種の会場は、ハナヨアリーナ(文里2丁目)と市民総合センター(高雄1丁目)に設けている。10月分の新規予約枠は約1900人分。

 ラインからのアクセス方法は、市の公式アカウントを友だち登録した上で、メニューから「新型コロナウイルス感染症情報」「ワクチンWEB予約」と順に選択すれば、入力画面が開く。

 また、これまで個別接種を推奨していた12~15歳について、10月分の集団接種で優先枠を設ける。予約枠は約720人分で、1回目が24日午後または31日午後。

 15日現在の市民の接種率は1回目が64・0%、2回目が53・7%。一方で、20代は1回目が39・6%、30代も40・2%と、低調となっている。全国と同じ傾向で、予約が高齢者から進められたことや、副反応への不安などから接種に消極的な人もいるとみられている。

 市健康増進課は「個別接種も含め、市民への接種は順調に進んでいる。若い世代にも、できるだけ接種してほしい」と呼び掛けている。

 接種に関する問い合わせは、市の専用コールセンター(0739・33・7022)へ。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ