和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

モズが高鳴き 高場から縄張り主張

柵の上で高鳴きして縄張りを主張するモズ(和歌山県白浜町栄で)
柵の上で高鳴きして縄張りを主張するモズ(和歌山県白浜町栄で)
 速贄(はやにえ)で知られる野鳥モズ(百舌、モズ科)が、柵や電柱などの高場で高鳴きしている。越冬に備えて縄張りを主張しているという。

 モズは全長20センチほどだが、「小さな猛禽(もうきん)」とも呼ばれ、カエルやトカゲなどの両生爬虫(はちゅう)類のほか、小鳥までも襲う。平地から山地の開けた場所を好み、秋から冬にかけて雌雄別々に縄張りを張る。

 この季節「キィーキィーキィー」などと甲高い声でさえずり、出どころを探すと、モズを確認することができる。

 「百舌の速贄」は、秋にモズが獲物を捕らえ、木の枝などに貫いておくと、翌春に他の鳥の餌に供されてしまうとして言われる。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ