和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

人気アニメもモチーフに 田辺市立図書で館紀州てまり作品展

さまざまなデザインの手まりが並んでいる(田辺市東陽で)
さまざまなデザインの手まりが並んでいる(田辺市東陽で)
 田辺市東陽の市文化交流センター「たなべる」交流ホールで、紀州てまり趣味の会(竹内マツ子代表)が作品展を開いている。27日まで。

 人気アニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」のキャラクターが着ている着物をイメージした市松や麻の葉模様の作品など、27人が作った色とりどりの約100点が並んでいる。 

 てまりは綿と糸で形を作り、刺しゅう糸で模様を付けている。一つの作品に10日~2カ月ほどかかるという。

 竹内代表は「今年から小学5年生の子どもも入会して、43人で活動している。同じ柄で作っても、色や大きさで違った雰囲気をまとう姿が面白い」と話している。

 会は隔年で「たなべる」で展示会を開いたり、中学校の部活動に足を運んで講習会を開いたりしている。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ