和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

グランプリは「ミューズは溺れない」 田辺市の弁慶映画祭

「弁慶グランプリ」を受賞した「ミューズは溺れない」の淺雄望監督(21日、和歌山県田辺市新屋敷町で)
「弁慶グランプリ」を受賞した「ミューズは溺れない」の淺雄望監督(21日、和歌山県田辺市新屋敷町で)
 第15回「田辺・弁慶映画祭」(実行委員会など主催、紀伊民報など協賛)の最終日の21日、コンペティション部門の表彰式が紀南文化会館(和歌山県田辺市新屋敷町)であり、最優秀作品に当たる弁慶グランプリに、淺雄望監督(34)=東京都=の「ミューズは溺れない」が選ばれた。表彰式の模様はオンラインで配信された。

 若手映画監督の登竜門とされる映画祭。コンペティション部門では151作品の応募があったうち、入選8作品をオンライン配信で上映。その中から審査で各賞を選んだ。

 「ミューズは溺れない」は、美術部に所属する女子高校生の部員同士の関係を描いた映画で、淺雄監督にとっては初の長編作品。弁慶グランプリをはじめ、海外に作品を発信することを後押しする「フィルミネーション賞」や「観客賞」も受賞した。

 映画ジャーナリスト・プロデューサーで特別審査員長の掛尾良夫さんは「映像美や2人の少女の心の揺れなど、映画として非常に優れている。自信を持って応援できる」と講評。

 淺雄監督は「この作品を見た人が少しでも楽しみ、見て良かったとか、何か希望になるものになれば、それ以上うれしいことはない」と語った。

 ほかの受賞は次の通り。

 映画.com賞=「PARALLEL」(田中大貴監督)▽キネマイスター賞=「魚の目」(ますだあやこ、板野侑衣子監督)▽審査員特別賞=「情動」(林隆行監督)▽俳優賞=「ミューズは溺れない」の若杉凩さん、「B/B」の倉嶋かれんさん

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ