和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

宮司が大筆で一文字「今」 熊野本宮大社

大筆を使って「今」という一文字を書き上げる九鬼家隆宮司(18日、和歌山県田辺市本宮町で)
大筆を使って「今」という一文字を書き上げる九鬼家隆宮司(18日、和歌山県田辺市本宮町で)
 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社で18日、来年への願いを込めた恒例の大筆書きがあった。九鬼家隆宮司(65)が旧社地・大斎原(おおゆのはら)で「今」という一文字を豪快に書き上げた。

 今年で14回目となる取り組み。九鬼宮司は、白装束姿で大斎原に設けた会場に登場。広げられた2・9メートル四方の白い布に、長さ約1・3メートルの大筆を使って一文字を一気に書いた。大社が大斎原から今の場所に移ってから来年で130年を迎えることから、「正遷座百参拾年」という文字も書き添えた。

 九鬼宮司は「昨年、今年と2年間、コロナ禍で多くの方が苦しむ中で、新たな一年を迎えようとしている。過去と未来をつなぐのは『今』。今、この瞬間を大切にしながら、皆さんに新しい一年を過ごしてほしいという思いを込めた」と話した。

 この書は近く、社務所前に掲げるという。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ