和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

和歌山県人会が初の世界大会 海外、県外から2千人参加へ

写真は和歌山県庁(和歌山市)
写真は和歌山県庁(和歌山市)
 海外や県外への移住者や子孫でつくる和歌山県人会会員が一堂に集まる、初めての世界大会が11月24日、和歌山市小松原通1丁目の県民文化会館大ホールで開かれる。国内外の会員約500人と一般、来賓を含め、計約2千人の参加を見込んでいる。


 県や県教育委員会、県商工会連合会、県国際交流協会などでつくる「県人会世界大会実行委員会」が主催し、外務省と国際協力機構(JICA)、和歌山大学、海外日系人協会が後援する。海外や国内の和歌山出身者らが集まることで、郷土への誇りを高めてもらうとともに、県民にも移民の歴史への理解を深めてもらうのが目的。

 参加を予定している県人会は「南加県人会」「シアトル紀州クラブ」「東部カナダ県人会」「メキシコ県人会」「ペルー県人会」「ブラジル県人会」「パラグアイ県人会」「アルゼンチン県人会」など北南米の約270人。国内からは「在京県人会」「東海県人会」「京都県人会」「大阪県人会」「堺県人会」「神戸県人会」などの計約230人。

 記念式典では、県民歌を斉唱するほか、移民の歴史紹介映像の上映、記念コンサートなどがある。海外の県人会は同日、和歌山市のホテルで梅ジュース作りや紀州てまり作り、平安衣装試着などを体験する。また25~27日には紀北、紀中、紀南の3コースに分かれ、ゆかりの場所を回ったり交流会をしたりする「和歌山ふるさと巡りツアー」もある。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ