和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

シーグラス使いボールペン作り 日高観光ゼミナール

浜辺で拾い集めた材料でボールペンを作る小中学生(和歌山県美浜町で)
浜辺で拾い集めた材料でボールペンを作る小中学生(和歌山県美浜町で)
シーグラスボールペン
シーグラスボールペン
 和歌山県の日高広域観光振興協議会はこのほど、御坊・日高の魅力をワンコイン(500円)で県内の小中学生に体験してもらう本年度の「観光ゼミナール」を美浜町内で開いた。参加者が、海辺に流れ着いたガラス片「シーグラス」を使ってボールペン作りを楽しんだ。

 観光ゼミナールは管内の観光資源について学び、体験できる機会として毎年実施している。本年度は6~12月に管内の1市6町で1回ずつ企画している。

 この日は、県内から小中学生25人が参加。講師は、地元でシーグラスアクセサリーの販売などをしている「海猫屋」の安藤妃史さんが務めた。

 最初に遭母海岸で、浜辺を歩きながらシーグラスや貝殻を拾い集めた。並行してプラスチックごみを拾って清掃もした。

 旧三尾小学校に移動し、海を守るための学習として、海洋プラスチックごみなどについて聴いた後、シーグラスを使ってボールペン作りに挑戦。参加者は、ボールペンの上部半分ほどが透明になっているキットを使って、自分の拾い集めたシーグラスや貝殻を中に入れ、完成させた。

 参加者は「きれいなボールペンを作ることができて楽しかった」「シーグラスを集める他にもごみ拾いをした。これからも海をきれいにしていきたい」と話した。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ