和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

平均所得1200万円 和歌山県議の21年資産公開

202和歌山和歌山県議(日高郡以南)の所得金額
202和歌山和歌山県議(日高郡以南)の所得金額
 和歌山県議会事務局は4日、条例に基づき県議42人(元職1人含む)の資産状況を公開した。2021年の所得金額は、1人当たり平均で1243万円(1万円未満切り捨て)だった。最高は尾﨑太郎氏(和歌山市)で1936万円だった。


 日高郡以南で、今年4月1日現在、報酬を得て会社の役職などに就いているのは、坂本登氏「坂本農園」(みなべ町)代表取締役▽玄素彰人氏「不動産流通研究所」(田辺市)代表取締役▽秋月史成氏「ヤマト自動車」(上富田町)代表取締役▽浜口太史氏「紀南ビジネスマシン」(新宮市)取締役。

 日高郡以南で、資産を増やしたと報告した議員はいなかった。

■知事所得は1億4千万円 株式譲渡など

 県は、仁坂吉伸知事の資産状況を公開した。21年の所得は知事給与が1775万円、不動産賃貸収入が353万円、雑所得が38万円。上場株式の譲渡所得が1億1987万円、上場株式の配当所得が313万円だった。

 昨年末現在で、1年前より増やした資産は次の通り。土地と建物は固定資産税の課税標準額。いずれも相続で取得した。

 【土地】和歌山市西高松(面積885・94平方メートル)1001万円▽同市東鍛冶屋町(152・50平方メートル)921万円▽岩出市高瀬(709・11平方メートル)860万円=持ち分は3分の1

 【建物】和歌山市西高松(床面積184・99平方メートル)で130万円

 【有価証券】8637万円

 【株券】花王7千株、武田薬品工業1万1200株、ファナック1800株、トヨタ自動車2万9千株、ファシンセメント4万4800株。

 借入金は75万円減らした。

 県議の資産状況の報告書は県庁北別館の県議会事務局総務課で、知事の報告書は県庁本館の情報公開コーナーで閲覧できる。

■田辺市長も公開

 田辺市も、市の条例に基づき、真砂充敏市長の昨年1年間の所得を公開した。

 所得等報告書によると、給与所得1314万2993円、不動産所得38万8042円だった。

 資産等補充報告書によると、昨年5月の5期目就任以降、新たに普通自動車1台を取得した。土地や建物などの新たな取得はなかった。借入金の総額は117万400円。

 報告書は市秘書課で閲覧できる。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ