和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

姉さんパンダが3歳に 氷のケーキをプレゼント、和歌山県白浜町

氷のケーキに興味を示す結浜(19日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
氷のケーキに興味を示す結浜(19日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
氷のケーキに興味を示す結浜
氷のケーキに興味を示す結浜
 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで暮らす雌のジャイアントパンダ「結浜(ゆいひん)」が3歳になり、施設は19日、誕生日を祝って氷のケーキをプレゼントした。

 結浜は2016年9月18日、雄の「永明(えいめい)」(27歳)と雌の「良浜(らうひん)」(19歳)との間に生まれた。この時の体重は197グラムで、施設で誕生したパンダの中では最も大きかった。

 頭頂部の毛がとんがって見えるのが特徴。施設によると毛が長いのではなく、骨が他のパンダよりも少し突出していることによるという。体重は約87キロ。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ