和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

新たに3人の感染者 新型肺炎、県内で計5人

 新型コロナウイルスによる感染症について和歌山県は15日、湯浅町の済生会有田病院に勤務する50代の男性外科医と、50代の妻、同病院の60代の男性患者の3人の感染が新たに確認されたと発表した。同病院では、同僚の50代の男性外科医と70代の男性患者も感染しており、仁坂吉伸知事は「院内感染の可能性は否定できない」と話した。県内の感染者は計5人となった。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ