和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

ライブハウス存続危機、インディーズミュージシャンが支援プロジェクト始動

インディーズミュージシャン32人が参加した【またライブハウスでプロジェクト】 (画像は公式提供)
インディーズミュージシャン32人が参加した【またライブハウスでプロジェクト】 (画像は公式提供)
 新型コロナウイルスの影響で全国のライブハウスの多くが休業をしており、存続の危機に直面している。それを救うべく、日ごろからライブハウスでお世話になっている、聞間拓さんらインディーズミュージシャン32人が立ち上がり、全国109のライブハウスを救うプロジェクトをスタートさせた。

【動画】インディーズアーティスト32人が歌う! 公開された楽曲

 東京・大阪を中心に、全国にはキャパシティ50人以下の中小規模ライブハウスが数多くあるが、ほとんどのライブハウスは、自粛令が出る前から自主的に休業を決めており存続の危機に直面している。さらに、3月初旬に相次いだ中小規模ライブハウスでのクラスター感染により「ライブハウスは危ない」というイメージが根強くなってしまった。

 「ライブハウスが潰れる」と聞くと「音楽を趣味でやっている人が困るだけ。趣味をやめればいい。」という人がいるが、そうではない。テレビに出ずとも、こういった小さなライブハウスで活動をして生計を立てているミュージシャンは多い。

 日ごろテレビで見ている人気アーティストの中には、こういったインディーズシーンから出てきた人も少なくなく、ライブハウスがなくなるということは、今後、アーティストが世に増えないことにもなり、音楽業界の衰退にも繋がる。

 そこで、全国のライブハウス・ライブバーで活動をして生計を立てている聞間拓さんが中心になって、全国109のライブハウスを救うプロジェクトを始動させた。タマキング×聞間拓が作詞作曲し、アーティスト30人以上が歌う「またライブハウスで」がYouTubeで無料公開されており、これを見て少しでも心が動いた方々へ『投げ銭』をお願いするというものだ。

 「北海道」「東北、北関東」「南関東」「北陸 中部 東海」「関西」「中国 四国」「九州 沖縄」の7地方、全国の支援したい地域を選んで投げ銭をするシステムで、【500円】【1000円】【2000円】【3000円】【5000円】【10000円】から選ぶことができる。詳細は公式サイト(https://www.tamataku.info/mata-livehouse-de-pj/)まで。

 また、聞間拓さんと、タマキングさんは「小さなチカラかもしれない、全部を助けられるかもわからない、けどやってみなくちゃわからないと思いチャレンジします!どうか少しずつみなさんのチカラ貸してください!『またライブハウスで』一生懸命作りました、どうかよろしくお願いします!この歌を全員でライブハウスでみんなの前で歌う日を夢見ています!」とコメントを寄せている。



欅坂46佐藤詩織、留学延期で一時的に活動参加「リモートワークで参加していきたい」
白石麻衣、乃木坂46卒業“延期”をブログで報告 東京ドームで卒業予定だった
ジャニーズ、公演中止5・31まで延長 嵐の『アラフェス2020』国立競技場は延期
LDH、5月末まで全公演中止・延期に 2月末から計110公演
提供:oricon news

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ