和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

お花で感謝の気持ちを/田辺市城山台/ハーバリウム認定講師/小守裕子さん(45)#コロナに負けるな

小守裕子
小守裕子
 新型コロナの影響はさまざまなところに広がっていて、花農家、花業界も深刻です。5月10日が母の日ですが、感染拡大のリスクを避ける目的として業界では5月いっぱいを「母の月」としています。

 私はお花をキッチンに飾って癒やされたことがきっかけで、ちょうど3年前にハーバリウム認定講師の資格を取得し、最近はアレンジやコサージュ作りでおうち時間を楽しんでいます。

 お花でありがとうの気持ちを届けてみませんか。

 お花の力を借りて少しでも気持ちが明るく、そして元気になれますように。


 読者の皆さんの投稿を募集しています。本文(250字程度)、氏名、住所、年齢、職業を記入し、写真を添付してメール(kiinews-w@agara.co.jp)で送ってください。問い合わせは紀伊民報報道部(0739・24・7171)まで。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ