和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

まるで星空のよう 紀伊半島で光るキノコ発生

淡い光を放つシイノトモシビタケ(和歌山県串本町で)=長時間露光
淡い光を放つシイノトモシビタケ(和歌山県串本町で)=長時間露光
 和歌山県紀南地方の沿岸林で、光るキノコ「シイノトモシビタケ」が発生している。幻想的な淡い緑色の光を放ち、多い時には星空のようにも見える。

 かさの直径は約1~3センチ、高さ約2~5センチの小さなキノコ。全体的に黄褐色や茶褐色で、かさに細い筋が入るのが特徴。9月ごろまでスダジイやツブラジイ(コジイ)、ウバメガシなどの朽ち木に発生する。降雨の1~3日後に発生しやすいといわれている。

 串本町の沿岸林では倒れたスダジイに発生。時季が早いためか、小ぶりなキノコが密集して発生している。闇に目が慣れてくると、周辺に星をちりばめたように見え、多く発生した朽ち木は夜空に輝く天の川のよう。本格的な発生は5月中旬以降になるとみられる。

 那智勝浦町の宇久井海と森の自然塾は11日~7月14日の毎週土日曜、「光るきのこシイノトモシビタケ観察会」を開く。午後7時半、旧宇久井フェリーターミナルに集合する。参加費は大人500円、小中学生300円。申し込みは参加日の2日前までに宇久井ビジターセンター(0735・54・2510)へ。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ