和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

家族や同僚5人の感染確認 新型コロナで和歌山県

 和歌山県は12日、県内で新たに5人の新型コロナウイルス感染が分かったと発表した。いずれも、これまでに感染が発表された人の同居家族や会社の同僚。これで県内で感染が確認されたのは累計で80人となった。

 3人は、10日に感染が分かった和歌山信愛大学(和歌山市)に通う20代女子学生(和歌山市在住)の同居家族で、50代会社員男性、40代アルバイト女性、県内の中学校に通う10代女子生徒。生徒は無症状だが、中学校の同学年約70人を検査する。同校は13日は休校するという。

 あとの2人は▽9日に感染が確認された和歌山市の会社に勤務する60代男性の同僚の30代男性(和歌山市在住)▽別の同僚で、10日に感染が確認された30代男性の同居家族の50代主婦(同市在住)。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ