和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

ひとり親世帯に給付金 田辺市がコロナ対策

田辺市役所
田辺市役所
 和歌山県田辺市は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けているひとり親世帯の生活を支援するため、臨時特別給付金を支給する。全国一律の制度。申請が必要な場合もある。

 低所得のひとり親世帯が対象の「児童扶養手当」受給者には、1世帯5万円、第2子以降1人当たり3万円を基本給付する。

 公的年金などを受けているため児童扶養手当を受給していない人、新型コロナの影響で収入が児童扶養手当受給者と同水準に下がった人にも同様に給付する。

 また、新型コロナにより減収した児童扶養手当受給者などには、1世帯5万円の追加給付もある。

 児童扶養手当を受給している人は給付金の申請が不要だが、それ以外は必要。受付期間は8月12日~来年2月26日。市役所市民課と各行政局住民福祉課で受け付けている。

 市民課で手続きする場合は、混雑を避けるため事前の電話予約が必要。予約は9月30日まで受け付けている。予約した人を対象に、8月の日曜(16、23、30日)も対応する。

 市民課は「収入の審査基準もあるので、分からないことがあれば相談してほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは、市のひとり親世帯臨時特別給付金窓口(0739・33・7103)へ。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ