和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

全国の名物パンに行列 弁慶市に甲斐みのりさん出店

地元パンを買い求める行列(19日、和歌山県田辺市東陽で)
地元パンを買い求める行列(19日、和歌山県田辺市東陽で)
 和歌山県田辺市東陽の闘鶏神社馬場で19日、朝市「弁慶市」があり、多くの来場でにぎわった。中でも、文筆家・甲斐みのりさんが、著書「地元パン手帖」で紹介した各地のパンを販売する屋台には80人を超える行列ができた。

 甲斐さんは旅、菓子、建築などを題材に、その土地ならではの魅力を再発見し、発信している。田辺市の観光案内冊子も監修した。昨年初めて訪れた弁慶市を気に入り「もっと盛り上げたい」と特別出店した。

 店頭にはたくあんを挟んだサラダパン(滋賀県)や花の形をしたバラパン(島根県)、「頭脳粉」を使用した頭脳パン(石川県)など11種類300個が並んだが、30分ほどで完売した。

 紀の川市から訪れた主婦(36)は「SNS(会員制交流サイト)で甲斐さんの出店を知った。(午前8時開店なので)6時に家を出てきた。かわいいパンがいっぱいで、買い物が楽しい。他の店も巡り、観光して帰りたい」と話した。

 近年20店前後だった出店が、この日は新規20店を含む37店と大幅に増加。パンやスイーツ、すし、コーヒーを買って会場のテーブルで朝食を取る人も目立った。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ