和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

アロハシャツで客迎える 白浜の駅や事業所

アロハシャツで電車から降りた人を迎えるJR白浜駅員(1日、和歌山県白浜町堅田で)
アロハシャツで電車から降りた人を迎えるJR白浜駅員(1日、和歌山県白浜町堅田で)
 和歌山県白浜町の役場や事業所などで1日、職員や従業員がアロハシャツに衣替えした。南国・白浜をアピールしようと町が1984年から始めた取り組み。観光商工団体や金融機関、農協、病院、郵便局など21団体に協力を呼び掛け、9月30日まで続ける。

 白浜町堅田のJR白浜駅では、駅員がハイビスカス柄のアロハシャツを着用。男性は水色、女性は赤色のシャツで、電車の利用客を迎えた。

 神奈川県から観光に訪れた小田則子さん(35)は「夏が始まったという感じがする。白浜イコール海というイメージ通り」と笑顔を見せた。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ