和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

家族連れが雪遊び 白銀の龍神村・護摩壇山

犬もそり滑りを楽しむ(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
犬もそり滑りを楽しむ(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
自分たちで作ったかまくらをバックに記念撮影
自分たちで作ったかまくらをバックに記念撮影
一面の雪景色が楽しめる高野龍神スカイライン
一面の雪景色が楽しめる高野龍神スカイライン
 和歌山県田辺市龍神村龍神の護摩壇山一帯はこの時季になると、南国紀州とは思えない雪景色が広がる。今季も一面が白銀の世界となり、週末ともなると雪遊びをする家族連れらでにぎわっている。


 護摩壇山に通じる高野龍神スカイラインは12日に積雪や凍結のため全面通行止めとなったが、除雪車が出て復旧に努めて15日に解除された。

 同日は土曜とあって、道の駅「ごまさんスカイタワー」前の駐車場は、雪景色を眺めたり雪遊びをしたりしようと訪れた人たちの車で満杯。近くの林道は足首まで埋まるほどの積雪で、木々には霧氷ができ、まるで北国のような光景が見られた。

 小学生の娘とその友達を連れて有田市から来たという会社員、蜂谷神治さん(48)は、護摩壇山での雪遊びはこの日が今年4回目。「毎年娘と冬のキャンプを楽しんでいる。護摩壇山は雪が安定して積もるので、子どもたちと遊ぶのにいい」と話していた。

 高野町と田辺市龍神村を結ぶ高野龍神スカイラインは、3月25日午前7時まで夜間(午後5時~翌朝7時)全面通行止め、昼間は四輪車はタイヤチェーン携行か装着、冬用タイヤの装着が必要。二輪車は終日通行止め。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ