和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

紀伊田辺駅に「子」の絵馬 本宮大社が贈る

JR紀伊田辺駅の道本隆文駅長(左)に来年の干支を描いた絵馬を贈る九鬼家隆宮司=19日、和歌山県田辺市湊で
JR紀伊田辺駅の道本隆文駅長(左)に来年の干支を描いた絵馬を贈る九鬼家隆宮司=19日、和歌山県田辺市湊で
 和歌山県田辺市本宮町、熊野本宮大社の九鬼家隆宮司(63)が19日、同市湊のJR紀伊田辺駅に、来年のえと「子(ね)」を描いた絵馬を贈った。

 絵馬の大きさは縦103センチ、横157センチ。九鬼宮司が、松竹梅や熊野の神鳥・八咫烏(やたがらす)の絵をあしらった打ち出の小づちに乗っている白いネズミを描き「安全」という文字も添えている。

 受け取った道本隆文駅長(56)は「安全第一で頑張りたいし、気持ちを新たに新年を迎えたい。12月下旬に新しい絵馬に掛け替えたい」と感謝した。

 熊野本宮大社ではこの日、白浜駅と新宮駅にも来年の絵馬を贈った。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ