和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月17日(金)

赤ちゃんアザラシ公開 アドベンチャーワールド

公開が始まったゴマフアザラシの赤ちゃん(アドベンチャーワールド提供)
公開が始まったゴマフアザラシの赤ちゃん(アドベンチャーワールド提供)
 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は3日、3月に誕生したゴマフアザラシの雌の赤ちゃんの公開を始めた。現在の体毛は白が目立つが、徐々に親と同じような濃い色に変わるという。

 午後1時から30分間、施設内のアザラシ飼育プールで観覧できる。様子を見ながら、徐々に時間を延ばすという。

 施設によると、赤ちゃんは2日現在で全長約90センチ、体重20・5キロ。3月20日の出生時は60センチ、6・7キロだった。