紀伊民報Digital

紀伊民報電子版利用規約

本規約は、紀伊民報が運営する電子新聞サイト「紀伊民報電子版」(以下「当サイト」という)の利用条件を定めたものです。当サイトが提供するサービス(以下「本サービス」という)の利用に当たって、会員登録の前に必ずお読みください。登録のお申し込みをもって同意いただいたものとします。

第1条 (本利用規約の適用範囲)

本規約は、本サービス会員(以下「会員」という)すべてに適用されます。

第2条 (会員登録)

(1)会員は所定の会員登録ページから本サービスを申し込むものとし、紀伊民報がこれを承諾した時に利用契約が成立するものとします。承諾しなかった場合、紀伊民報はその理由を一切開示しません。
(2)会員が以下の項目に該当する場合は、当該会員の利用契約を取り消し、本サービスの提供を中止することがあります。中止した場合、紀伊民報はその理由を一切開示しません。
1) 本規約に違反する行為があった場合
2) 本サービスお申し込みの内容に虚偽、または不正確な記載があった場合
3) 本サービスお申し込みの電話、メール等連絡先に連絡が取れない場合
4)紀伊民報の定期購読者を対象にした「読者無料プラン」「読者有料プラン」において、定期購読の事実がない場合または定期購読の確認ができない場合。
5)新聞定期購読者を対象にしたプランにおいて、新聞の定期購読契約を解約した場合。
6) 会員の登録内容に変更があった際、速やかに変更しなかった場合
7)会員が指定したクレジットカードがクレジットカード会社、金融機関等により利用停止されている場合
8) 本サービスの料金または紀伊民報定期購読料金の未払いが判明した場合
9) その他、紀伊民報が不適当と判断した場合

第3条 (利用料金)

(1)会員は、本規約の定めに従い、本サービス利用料金を支払う義務を負います。
(2)本サービスの有料購読には次のプランがあります。
読者有料プラン 月額500円(税込み) 紀伊民報の定期購読者を対象にしたプランです。
電子版単独プラン 月額2,300円(税込み) どなたでも購読いただけます。
(3)本サービスは月単位で利用できます。
(4)利用料金は、月の初め(1日)に利用契約が成立した場合は、当月分の利用料金が課金されます。月の途中(2日から月末)で利用契約が成立した場合は、翌月から課金されます。
(5)月の途中で解約した場合、当月末日に効力が生じることとし、当月分の利用料金を課金します。日割り計算はしません。サービスは月末まで利用できます。
(6)月の途中で契約して当月末までに解約し、翌月途中に再契約した場合には、月の途中の契約であっても1カ月分の利用料金が課金されます。
(7)利用料金は、会員が登録したクレジットカードによりお支払いいただきます。請求の締め日、引き落としの期日はご利用のクレジットカード発行会社にご確認ください。領収証は発行しません。
(8)本サービスは個人の利用のみです。法人、団体は利用できません。
(9)利用料金を改定する場合、事前に当サイトまたはメール等で告知・通知します。当該改定が有効となる月から、改定料金で決済するものとします。
(10)クレジットカードでの決済は、クレジットカード決済代行サービスであるソニーペイメントサービス株式会社が運営するシステム(名称「e-SCOTT Smart」)を利用しています。会員は、ソニーペイメントサービス株式会社が利用料金の決済を代行すること、および、かかる決済のために必要な情報を紀伊民報がソニーペイメントサービス株式会社に提供することを了解するものとします。

第4条 (個人情報)

(1)紀伊民報は、本サービス運営のために収集した個人情報を「個人情報保護方針」に従って厳正に管理し、適切に取り扱います。
(2)会員が利用契約を解約しても、紀伊民報パスポートから退会しない限り紀伊民報は会員の個人情報を保有し、「個人情報保護方針」に従って取り扱います。
(3)会員が本サービスの利用契約を解約し、紀伊民報パスポートから退会しても、購読料金の請求履歴など法令上保管が必要な情報は、当該法令に従い保管します。

第5条 (個人認証情報)

会員は、個人認証情報(ID・パスワード等)を自らの責任において使用・管理するものとします。使用上の誤りや第三者の不正使用により発生した損害等については、紀伊民報は一切その責任を負わないものとします。

第6条 (著作権)

(1)本サービスに関する編集著作権および本サイトに含まれる記事、写真、画像、紙面イメージ、動画、その他のデータ、広告等のすべてのコンテンツの著作権とこれに付帯する権利は、紀伊民報、通信社または正当な権利を有する第三者に帰属します。
(2)本サイトに記載された記事や写真は無断転載、複製することを禁じます。個人のウエブサイトやブログなどに記事や写真、画像、紙面の複写等をアップロードすることは私的利用の範囲を超えるとみなし、禁止します。
(3)紀伊民報の紙面に掲載された記事や広告、写真等でも、著作権等の関係で本サイトに公開しないものやマスクなどにより非公開処理するものがあります。

第7条 (設備・機器等)

(1)会員は、本サービスの利用に必要な通信料金や設備(パソコン、スマートフォン、タブレット、ソフトウェア、インターネット接続環境など)を、自己の費用と責任で負担するものとします。
(2)会員は、会員の設備や利用環境、機器によっては本サービスが利用できない場合があることを了承します。
(3)会員は、同時に複数の設備、機器で閲覧することができないことを了承します。

第8条 (禁止事項)

会員が以下の禁止行為を行った場合は予告なく利用を停止します。
1)本規約に違反する行為。
2)当サイトおよび本サービスの運営、提供を妨げる行為。
3) 本サービスまたは、本サービスに含まれる個別の記事や画像、紙面レイアウト等個別のコンテンツを私的利用の範囲を超えて第三者へ提供したり再配信したりする行為。
4) 紀伊民報もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
5)会員の権利または認識情報を有償・無償を問わず不正に利用、貸与する行為。
6)その他、紀伊民報が不適当だと判断する行為。

第9条 (ユーザーサポート)

(1)本サービスに関するお問い合わせは、本サイトのお問い合わせ用メールまたは電話(0739-22-7171 紀伊民報販売部)で受け付けます。
(2)会員の個人認証情報のお問い合わせには、個人情報を保護するため一切対応しません。会員本人からの問い合わせでもお答えできません。
(3)登録情報の変更、本サービスの解約申し込みは会員ご本人が本サイトのフォームから行ってください。

第10条 (解約)

(1)会員は、当サイト指定の方法で解約手続きをとることによって、利用契約を解約することができます。解約は本サイトのフォームを通じて月末の24時まで受け付けます。電話、電子メール、書面等フォーム以外での解約申し出には対応いたしません。
(2)解約は、月末までに手続きされた場合は、翌月から本サービスを終了します。当月分の利用金は日割り清算などによる減額、返金はしません。
(3)解約した会員が再び利用契約を締結する場合、再契約日を含む当月から1カ月分の利用料金をお支払いいただきます。
(4)会員による個人認証情報の紛失その他、会員の責に帰すべき理由により解約手続きをとることができない場合、紀伊民報は解約のために対応する義務はないものとします。

第11条 (内容の変更)

紀伊民報は、会員に事前に告知をすることなく、本サービスの内容の一部または全部を変更、削除することができるものとします。

第12条 (規約等の変更)

紀伊民報は、必要と判断した場合、会員への告知なしに本規約を追加、変更または削除することがあります。

第13条 (免責事項)

(1)本サービスのコンテンツは、信頼できる情報源に基づき紀伊民報が提供していますが、その正確性、迅速性、有用性、安全性を保障するものではありません。会員が、これらの情報を利用することによって生じた損害については、紀伊民報は責任を負いません。
(2)本サービスが機器のトラブル、停電その他の事故により中断された場合、紀伊民報は速やかに復旧を行いますが、中断期間に相当する利用料金は返還しません。
(3)紀伊民報は、本サービスに掲載されている広告等に起因する一切の損害について責任を負いません。
(4)会員が本サービスを利用または利用できないことによって生じた一切の不利益もしくは損害に対しては、紀伊民報に故意または重大な過失がある場合を除き、紀伊民報は責任を負いません。

第14条 (準拠法)

本規約は、日本国の法律に準拠するものとします。会員と紀伊民報との間で訴訟の必要が生じた場合、和歌山地方裁判所田辺支部を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
付則 2019年8月13日制定