和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月18日(土)

新たに16人の感染確認 和歌山県、税務署でクラスター

 和歌山県は23日、県内で16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、5人目の感染者を確認した和歌山税務署(和歌山市)を、60件目のクラスター(感染者集団)と認定した。

 感染者の保健所別居住地は和歌山市8人、岩出4人、湯浅と海南、橋本、大阪府が1人ずつ。年代別では20代が9人で半数以上を占めたほか、10代と40代、50代は2人ずつ、30代は1人だった。

 税務署では、県外発表3人を含む5人の感染者が確認された。ほとんどが同じ課という。接触者は自宅待機としている。

 入院者は61人で、6月3日以来50日ぶりに60人を超えた。