和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年08月10日(水)

帰省で感染拡大 和歌山県、51人中4割占める

 和歌山県は15日、県内で新たに51人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。4月20日の55人に次ぐ、過去2番目の多さで、初めて3日連続で40人以上となった。

 保健所管内別は和歌山市17人、新宮8人、御坊7人、岩出4人、田辺と湯浅、橋本が2人ずつ、海南1人、県外8人。全保健所管内で感染者が確認されるのは3回目で、2日連続となった。

 田辺管内の2人はすでに発表されている感染者の友人や、同じ職場の人。

 15日発表のうち4割の21人は、感染拡大地域から帰省した人、もしくは感染拡大地域に帰省し県内に帰った人や、その関係者といい、県福祉保健部の野尻孝子技監は「これから感染拡大地域から帰省しようと計画している人は、やめていただきたい」と話した。