和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月28日(火)

ちょっとリアル 脳みたいなノウタケ生える、和歌山

脳のような形をしたノウタケ(和歌山県田辺市本宮町で)
脳のような形をしたノウタケ(和歌山県田辺市本宮町で)
 季節は秋へと進み、山中ではさまざまなキノコが発生している。和歌山県田辺市本宮町の道路沿いでは、奇妙な形をしたノウタケが姿を現した。

 このノウタケは、長さ15センチ、幅8センチほどの楕円形。全体的に茶褐色で、短い茎がある。かさの部分に細かなひだが入る。まるで脳のような姿で、和名の由来になっている。

 同じ仲間のオニフスベ同様、若い状態のものは食用になるという。