和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月28日(金)

規模縮小して実施 新宮、速玉大社例大祭

 新宮市の世界遺産・熊野速玉大社は、毎年10月15、16日に営んでいる例大祭について、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため今年も神事「御船祭」の早船競漕(きょうそう)を中止するなど規模を縮小して実施する。

 15日の本殿大前ノ儀は神職や役員らのみが参列して実施し、その後の神馬渡御式の行列も縮小する。例大祭を締めくくる16日の「御船祭」は、市内を練り歩かずにみこしで直接熊野川の河原に向かって執り行う。例年多くの観客が訪れている9隻の早船による競漕は中止する。