和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月19日(金)

行政代執行で建物撤去 所有者判明物件では和歌山県内初

倒壊した建物に押し出され、隣家に倒れかかっているトタン塀(和歌山県田辺市今福町で)
倒壊した建物に押し出され、隣家に倒れかかっているトタン塀(和歌山県田辺市今福町で)
 和歌山県田辺市は10月4日から、同市今福町の銀座通り沿いにある建物4棟を、空き家対策特別措置法に基づく行政代執行で解体撤去する。劣化が激しく、倒壊の危険性があるため。県によると、同法に基づく所有者不明の空き家の撤去は過去6回あったが、所有者が判明している例は県内で初めて。

 市によると、この建物は市内在住の男性が所有。かつては進物店などを営み、2016年ごろまで住んでいたという。

 約385平方メートルの敷地に建物6棟と倉庫があり、うち1棟が18年の台風で倒壊。押し出されたトタンの塀が隣家に倒れかかっている。

 別の3棟も床が抜けたり、屋根が飛ばされたりしているほか、ごみが散乱して野良猫がすみ着き、衛生面でも悪影響があったという。

 市はこれまで、所有者に対して、倒壊建物の撤去や残る建物の修繕、ごみの廃棄を再三にわたって要請。応じなかったため、昨年6月に特措法に基づく「特定空き家」に認定した。助言指導、勧告、命令、戒告と必要な措置をしてきたが、改善に至らなかった。

 中心市街地で人や車の通行量も多く、放置すれば周辺に被害を与える危険性が高いことから、行政代執行に踏み切ることになった。

 解体撤去費は561万円。かかった費用は所有者に請求し、応じなければ土地を差し押さえる方針という。

 工期は12月末まで。現場作業は11月末ごろまでに完了する見込み。