和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月19日(月)

碓井さん(神島)準優勝 全国高校総体弓道の女子個人

女子個人で準優勝した碓井晴捺さん
女子個人で準優勝した碓井晴捺さん
 宮崎県都城市で7~10日、全国高校総体(インターハイ)の弓道があり、女子個人で神島(田辺市文里2丁目)3年の碓井晴捺さんが準優勝した。女子個人では大会史上、県勢最高順位となった。


 女子個人には96人が出場した。予選、準決勝はいずれも4本中3本以上的中させた選手が通過。碓井さんは予選、準決勝ともに3本的中させて突破した。

 決勝には25人が進出。的に当て続けた選手が勝ちとなる射詰競射で争った。8本目を当てたのは碓井さんと三田学園(兵庫)の選手の2人だけ。次の9本目では、碓井さんの引いた矢が的からわずかに外れたのに対して、三田学園の選手が的中させ、碓井さんの準優勝が決まった。

 全国高校総体の弓道女子個人では、1972年に新宮高の選手が記録した3位がこれまでの県勢最高順位だった。今回碓井さんが準優勝となり、その記録を47年ぶりに塗り替えた。

 碓井さんは「決勝はとても集中できていた。準優勝という結果には正直悔しさもあるが、自分の力を出し切れたと感じている。皆さんの応援が本当にありがたかった」と話した。