和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月19日(水)

近畿交流大会に出場 みなべレッズバレークラブ

レッズバレーボールクラブのメンバー
レッズバレーボールクラブのメンバー
 中学生によるみなべ町の「レッズバレーボールクラブ」は県バレーボール協会の推薦を受け、31日に奈良市内である「第12回近畿U―14クラブバレーボール交流大会」(近畿バレーボール連盟主催)に出場する。

 学校単位ではなく、広く小中学生を中心とする若年層競技人口の拡大を図ることを目的にした大会。近畿の各府県から2チームが出場し、県内からは県バレーボール協会の推薦で、那賀とレッズの2チームが出る。

 12チームが二つに分かれてのブロック戦と、各ブロックの1位チームによる決勝を予定している。レッズの野上有三監督は「夏休みに入り、高校生との練習試合もしてチーム力も上がってきた。他の府県の予選をして勝ち上がったチームとは苦しい戦いになるかもしれないが、選手には全力を出し切り、楽しんでほしい」と話している。

 メンバーは次の皆さん。

 築山実波(南部3年)、松山遥香(上芳養3年)、畑中舞桜(印南2年)、芝田桜鳳(名田2年)、田組朱理(上富田2年)、北崎琴音(大成2年)、坂本実優(上南部2年)、山本葉月(大成2年)